野田クレーン550t解体及び搬出レポート

31日夜間から深夜にかけて解体と搬出が行われました。
クレーンの搬出後、まさかの雷雨に見舞われましたが
何とかレポートを成し遂げることが出来ました。

写真をクリックすると大きな画像がご覧頂けます。


夜9時前、カウンタウエイトは外し
てありました。これから解体です

まずはワイヤーを巻き取り、フック
を取り外します。

傍らをカウンタウエイトを載せたト
レーラーが出て行きます。

待機する60tラフター。いよいよ
ヘッドに玉がけがされます。

固定されていた油圧式ロックピン
を抜きます。

音もせずにスッと外れました。宙
を舞う標準ヘッド。数トンありそう

トラックが到着するまで一先ずは
ヘッドを地面へ降ろします。

ゆっくり旋回し、降ろされて行く標
準ヘッド。

続いて現場を後にするトレーラー
カウンタウエイトを載せています

油圧パイプを外すためにブームを
起こし始めました。

作業員が油圧パイプや電気の配
線を外します。

いよいよ、ブームを外します。作
業員が準備をしています。

ブームを外すために移動する60t
ラフター。バックする5500.

ラフターが定位置に着くまで奥で
待避する5500.

もう1台も移動します。作業員の
合図で移動する50tラフター。

お尻同士をくっつける感じで定位
置に着いた2台のラフター。

ラフター前に移動する5500.大
きなエンジン音を轟かせます。

ブーム上に吊り金具が下がった
フックが降りてきます。

3分ぐらいで2台のラフターともに
玉掛けしてしまいました。

今度はラフターがエンジン音を轟
かせてブームを吊り上げます。

飛んで飛んで飛んで飛んで・・・・
旋回体から切り離されるブーム。

高々と吊り上げられたブーム。E
SPブームより重厚です。

またも奥へ待避する5500と、現
場を明々と照らす照明機。

ブームが外された5500.
スコーンとしてしまいました。

ブーム下にポールトレーラーが潜
り込みます。

ポールトレーラーは油圧で丈を自
由に伸縮することが出来ます。

ゆっくり降ろされて行くブーム。
作業員が慎重に合図します。

クッション材の板をブーム下部に
挟み込みます。

トレーラーに完全に降ろされたブ
ーム。玉掛けを外します。

ワイヤーを通してブームを荷台に
固定します。

荷台に載ったブーム。トレーラー
がバックして行きます。

バックで目前を通り過ぎていくブ
ーム。マジでデカイです。

トレーラーが出て行くと同時に前
進する5500.

傍らを通過して行く5500のブー
ム。狭いので作業員が誘導。

いよいよシリンダーを外します。
作業員が玉掛けします。

一気に吊り上がってしまったシリ
ンダー。実は9tもあるんです。

ゆっくり旋回してトラックに載せら
れるシリンダー。

ゆっくりゆっくり降ろされて行きま
す。この後ヘッドとフックも積載。

次はラストスパート。 旋回体を外
します。玉掛け中。

旋回体も2台のラフターで吊り上
げて行きます。

カコンと音がしたかと思うと一気
に高く吊り上げてしまいました。

ぐんぐん高く舞い上がる旋回体。
軽々と吊り上げるラフター。

上物が無くなり、キャリアだけに
なった5500.

バックで奥へ待避する5500の
キャリア。

旋回体を載せるトレーラーが潜り
込みます。奥にはキャリアが。

奥ではキャリア上部の旋回台座
にホロを被せて養成しています。

慎重に位置合わせをしながら降
ろされて行く旋回体。

作業員が位置を慎重に確認。合
図しながら載せられて行きます。

完全に載ると玉がけを外し、荷台
に固定されます。

バックで出る旋回体。これが目前
を通り過ぎて行きました。

そしていよいよキャリアの回送。
ゲートには先導車が待機。

方向転換するキャリア。何度も何
度も切り替えしています。

先導車の先導で公道を走るキャ
リア。この頃から空では稲光が。

豪快にエンジン音を轟かせなが
ら闇を走り抜けるキャリア。
   

こうして無事にクレーンの解体と搬出を見ていい気分でいたのも、つかの間。帰りに激しい雷雨に遭い、
大慌てでレインコートを着て、激しい音と稲光の中を自転車で帰りました。停電で街灯は消えてるわ、
近くに落雷するわ、コンビニは雨宿りで人溢れてるし、テンパッて滑るわでホント帰りは最悪でした。

 

 

広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー